不安に対処するための簡単な方法10選

不安とは?不安は、身体がストレスの多い状況に反応し、大脳辺縁系で生じます。すると、それに対して、体内でさまざまな連鎖反応が生じ、危険の根源に対して、闘争迷走反応を引き起こすアドレナリンを生成するのです。我々の祖先が捕食者と遭遇したときにも同じことが起こっていました。ですが今日、この身体的反応は、恋人との別れ、転職、または上司との平凡な会話など、全然恐れるべきではない出来事によって引き起こされてしまうことがあります。
体の「逃げろ!」という叫びに耳を傾ける代わりに、私たちは感情をできるだけ抑えてしまいがちです。どんなに上手くやっているつもりでも、自分の体がすでに作り出してしまったアドレナリンをコントロールすることはできないのです。だからこそ、その刺激が去ってからかなりの時間が経っていても、その不安感が自分の心から消えいかないのです。
Timestamps:
不安とは何か 0:37
1. 自分自身に質問する 2:29
2. 不安になる状況を繰り返す 3:01
3. 書き出す 3:50
4. 不安をバカげたことに変えてみる 4:25
5. リラックスする 5:13
6. エクササイズをする 5:47
7. もっと活発に行動する 6:28
8. 気を紛らわす 7:07
9. バナナを食べるか、お茶を飲む 7:40
10.香りを利用する 8:25
パニック発作 9:10

#不安 #ストレス #感情

Summary:
– 心理学者は、一部の人々は他の人たちよりも不安に陥りやすいと確信しています。それは 本人の気質、育った環境、以前にどれだけストレスの多い状況に直面したかによって大きく左右されます。
– 状況を分析し始めれば、脳は解決策を見つけることに焦点をあてるので、不安は消えていくはずです。
– 自分を怖がらせる状況を経験すればするほど、不安をより早くコントロールできるようになるはずです。
– 何度も同じことを考えてしまう傾向があるのなら、それを外に出してみることです! 自分の気持ちを書き出してみてください。
– 状況を頭の中で完全にバカげたものに変えてしまえば、自分がその事を恐れていたこと自体が、最高に笑える事のように感じるようになるでしょう。
– 不安は心だけでなく、身体の負担にもなります。 これはしばしば慢性的な緊張や筋痙攣につながります。
– 1日中デスクワークをしているのであれば、1時間ごとに短い休憩を取り、簡単なエクササイズをしましょう。
– 不安を感じている時は趣味に没頭する絶好のチャンス! 絵を描いたり、文章を書いたり、読書をしたり、テレビを見たり、何でもいいので不安から完全に焦点をそらすために他の事をやってみてください。
– 自分が不安になりがちであれば、バナナを持ち歩くことを習慣にしてみてください。 バナナには神経系の安定した働きには不可欠な葉酸、マグネシウム、カリウムなどが含まれています。
– 不安が常に付きまとう場合には、アロマキャンドル、エッセンシャルオイル、様々な香りを家に用意してみましょう。
– パニック発作という、さらに深刻な状態に直面することもあります。大抵の場合、これは突然起こります。

Music:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所