シャイで物静かな性格から抜け出すための実証済み方法8

もっと自信をつけるにはどうしたらよいでしょうか?社交的なコミュニケーションのことを考えるだけで、体中にパニックの波が広がっちゃいます?シャイな人にとってはありがちなことです。ずっと無口なタイプで過ごしてきた人でも大丈夫。自信をつけたり、もっとカリスマ的になったり、社交的な気まずさから脱却するための方法はたくさん存在します!
自分をシャイとして売り出すことで、自分にそのレッテルを貼ってしまっているって知っていました?周りの人は、シャイだと自分から言いだすまであなたのことをシャイだとも気まずいだとも思っていないかもしれません!一度レッテルを貼ると、そういう風にしか見れなくなるものです。「シャイ」でいることに問題があるわけではありません。ですが、シャイというレッテルにしがみつくことが、もっとオープンになって、おしゃべりしたいと思うポジティブな面を引き出すのに大きな妨げとなりえます。シャイから脱却する方法をもっと知りたいですか?それでは今回の動画をご視聴ください!シャイを脱却するのに役立つ8つの方法をご紹介します!

タイムスタンプ:

ネガティブな自分の声を置き換える 0:58

自分の強さを受け入れる 2:02

情報を与える 3:11

自分をシャイとして売り出さない 4:17

ボディーランゲージを実践する5:13

イエスと言えるようにする6:12

今という瞬間に集中する7:11

自分が怖いと思っていることをする8:04

#シャイ #自信 #自信をつける

概要:
– 自分の内面の声が、ものすごく厳しく自身を非難して、けなしていると、他人からも同じように容赦なく非難されると思い込んでしまい、社交的な場から離れてしまう可能性が高まります。
– シャイで物静かな人は、外交的な人と同じように、頭がよく、成功していて、能力があり、ユーモアのある人たちです。唯一の違いは、シャイな人は自分の特別な部分について話すのが得意ではないため、他の人がそれに気づくチャンスがないこと。
-友達や知り合いの大きなグループにいることは、社交不安を持つ人にとっては気まずい経験になり得ます。でも、他人から、“調子はどう?”“プロジェクトはどう?”“週末何したの?”などと聞かれることを待っていてはいけません。自ら最初のステップを取り、自分から人生に起こっていることを友達に話してみましょう。
-ボディーランゲージからは、その人のことがたくさんわかります。
社交的な場において、気まずさや恥じらいを感じている人は、腕や足を組んだり、アイコンタクトを避けたり、人から体を背けたり、遠くに立ったり座ったり、頭を下げたりするかもしれません。携帯電話に集中したり、いつも携帯を手にしているということも見られます。

-シャイだったら、社交的な場を避けるためのお誘いを断る天才かもしれません。
言い訳を考えたり、全力で誰かのお誘いや特定のイベントを避けようとすることもあるでしょう。でも、「ノー」という時、せっかくの機会を棒に振ってしまうバリアを張ってしまっているんです。
-友達のグループと遊びに出かけたとき、間違ったことを言ってしまったり、馬鹿げたことを言ってしまったとしたら、自分の中の批判的な声が現れて、自虐的な考えに気を取られてしまいがちになります。そうなると、この瞬間に本当に起こっていることから自分を突き放してしまうのです。
-シャイさを克服することは、人に話しかける方法を学ぶことではありません。自分が恐れていることを行う基本的な原理です。批判される恐怖が、シャイであるということにかなり影響します。

音楽:
Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所